思うように働けなくなったロバ、
昔のように狩りがうまくできなくなったイヌ、
ネズミにも興味がわかず一日中家でごろごろするネコ、
そして、明日スープにされることを知ったオンドリ、
誰にも必要とされなくなり落ち込んでいる時に、4匹の動物は出会いました。
それぞれが事情を話すとロバはこういいました。
「みんなでブレーメンの町へ行って音楽隊になろう!」
そういって、4匹は町を出てブレーメンへ向かうことにしました。

一行の足取りは軽やかで、今までの気持ちが嘘のよう。危険な道も何のその。
どんどん森の奥へ進んでいきました。
気がつくと森は闇に染まり心細さを覚える4匹。その時、目の前に一軒の家を見つけました。
家の中では美味しそうなご馳走を囲み泥棒たちが宴会をしています。お腹が空いた4匹はどうにかご馳走にありつきたいと考え、ロバの上にイヌ、ネコ、オンドリが乗り、大きな影をつくり一斉に叫び声を上げました。突然の出来ごとに驚いた泥棒たちは、家の外へ飛び出して行きました。
「4匹でやればなんでもうまくいくものだね」イヌはそういうとご馳走を食べ始め、皆もそれに続きました。
お腹いっぱいになった4匹はそれぞれ寝心地の良いところで眠りました。
さて真夜中になって、家に戻ってきた泥棒たちに気づいた4匹は協力して泥棒たちを追い返すことに成功。
4匹は大笑い、すっかりここが気に入っていつまでも楽しく暮らしました。